外貨投資は成功すれば資産を増やすことができますが、失敗すると大損をする危険があります。 このように、外貨投資にはリスクが存在しますから、どのようなリスクがあるのかを理解した上で始めるようにしてください。 外貨投資のリスク(いかに損失を減らすか、迅速に適切な対処をするかが問われますね)は、以下のようなと言われていますね。 ・為替レートで大損をする可能性がある ・信用リスク(いかに損失を減らすか、迅速に適切な対処をするかが問われますね) ・金利変動リスク ・カントリーリスク 外貨投資の一番怖いところは、為替レートによって大損をする可能性があるということです。 投資する金額が大きければ大きいほど損失も大きくなるので、その辺を考慮して始めないと人生を棒に振ることになります。 それに、為替取引業者が破綻する信用リスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)もありますから、注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)しないといけません。 また、金利(元金に対する一年間の割合を「年利」、一ヵ月の割合を「月利」、一日あたりの割合を「日歩(ひぶ)」といいますが高いと思って投資したのにも関わらず、不景気になってしまい、金利が下がってしまう場合もあるでしょう。 こういった金利(短期と長期があり、長期の方が高い傾向にあるでしょう)変動も、外貨投資のリスクの一つかもしれませんよね。 それから、投資先の政権交代や戦争によって通貨価値が変わってしまうカントリーリスクも伴いますので、政治情勢などにも配慮しなくてはいけませんー